BLOG

ブログ

ホームページ制作

美容室やサロンのホームページの作り方

美容室、ネイルサロン、マツエクサロン、エステサロンなどの店舗では、新規客の獲得をホットペッパービューティーのようなサロンポータルサイトに頼っているということが多いと思います。しかし、掲載料が高額だったり、サロンポータルサイトから来るお客様のほとんどが初回割引クーポン目当てでリピートしてくれないという悩みもよく聞きます。
美容室やサロンのWebサイト制作、Web施策では、サロンポータルサイト以外の集客とリピーターの獲得が重要です。
​​サロンポータルサイトに頼らない美容室・サロンのWebサイト制作はSETOにお任せください。

SNSを有効活用する

美容室やサロンがリピーターを獲得する手段として忘れてはならないのがSNSです。特に写真共有がメインのInstagramは必須と言ってもよいでしょう。
SNSがリピーター獲得に優れているのは、「フォロー」と「DM」の機能によるところが大きいです。相互にフォローしてもらうことで継続的なつながりを持てますし、DMを使えばタイミングを見計らったアフターフォローも可能になります。
SNSではありませんが、LINEを使ったアフターフォローも有効です。
また、SNSのもう一つの特徴である「シェア」は新規客獲得にも貢献します。美容室やサロンの集客では知人・友人からの口コミが重要ですが、SNSでシェアをしてもらうことで、サロンの口コミを拡散してもらうことができます。

ローカルSEOで目立たせる

美容室やサロンの場合、行きやすい場所にあることが選ばれる理由になります。なので、自分が行きやすい場所に限定してサロンを探すユーザーもたくさんいます。
しかし、美容室やサロンは同じエリアに競合店舗が多数存在しているので、アピールするのも大変です。そんなエリアの中でユーザーに見つけてもらいやすくする方法がローカルSEOです。
ローカルSEOでは「Google マイビジネス」への登録が最も重要になります。
Google マイビジネスに登録することで、Googleマップや検索結果に表示されるサロンの情報を管理できるようになります。写真を投稿したり、サービスメニューを載せることもできます。クーポンを配布することもできます。
Google マイビジネスは無料で利用できるので必ず登録しておくべきです。

Google マイビジネス
https://www.google.com/intx/ja/business/

ブログで集客する

美容室やサロンの集客にブログは有効です。
ただし、スタッフの近況報告やお知らせばかりのブログでは効果は期待できません。むしろこのような内容はSNSでやるべきです。
集客できるブログに必要な記事は、悩みを解決する方法や、テクニックを教えるような、タメになる記事です。なぜこのような内容で集客できるかというと、自分の悩みを解決する方法や情報を検索するユーザーが多いからです。検索される内容でないと集客にはつながらないということです。
こういったタメになるブログを掲載することで、サロンの技術力やノウハウをアピールすることもできます。
確かに更新の手間はかかりますし、効果が出るまでには時間がかかることも多いですが、成功すればメリットも大きいです。

サロンとスタッフのブランディング

ブランドとは、人がお店や企業、商品、製品などから連想するイメージのことです。Appleにはおしゃれで洗練された製品を作る会社というイメージがあると思いますが、このイメージがブランドです。
ブランディングとは、このイメージを意図的に作る行為のことです。美容室やサロンであれば、お客様が見るもの、触れるもの、経験するもの、すべてがそのお店のイメージになり、ブランドになります。

Webサイトもちろんブランディングに影響します。
洗練されたデザインやきれいな写真は必須ですが、それだけでは足りません。競合サロンも同じようにWebサイトを作るからです。
重要になるのがスタッフのブランディングです。
お店によっては、スタッフが目立つことを良しとしない場合もありますが、リピーターはほとんどの場合、お店にではなく人(=スタッフ)に付きます。
新規のお客様でも、おしゃれでかっこよく技術もセンスもある人に担当してもらいたいと考えるのは当然のことです。
Webサイトではスタッフをしっかりと紹介していくことが、サロンのブランディングにもつながります。

スマホ対応ではなくモバイルファースト

美容室やサロンのWebサイトで絶対に外せないのがスマホ対応です。美容室やサロンはBtoCのビジネスになるので、Webサイトのアクセスの80%がスマートフォンになることも珍しくありません。Webサイトのスマホ対応は当たり前の時代ですが、美容室やサロンのWebサイトに関してはさらに進んだ「モバイルファースト(=モバイルサイトを最優先にする)」の意識で制作する必要があります。


この記事の画像:Freepik – jp.freepik.com によって作成された hair 写真

この記事をシェアする
おすすめの記事

ご相談、お見積り
お問い合わせ

ホームページ制作やWebのお困りごとは
お気軽にお問い合わせください。